【日産 / フーガ】ディテイリング施工しました

どうも!
Fulltoneの青木葉です!

神奈川県相模原市のY様よりお預かりしたフーガのディテイリングを施工しました!

新車から3年でも塗装はここまで荒れる

fuga
fuga
ご覧の通り、水垢汚れがびっしり…
これは塗装にまで食い込んでる水垢だということがパッと見でわかりますね…

ホイールの洗浄からスタート

とりあえずは、ホイールの洗浄・コーティング、足回りの洗浄から行います。

fuga
fuga
fuga
fuga

センターキャップの細かいところのくすみは、メッキ専用の洗剤でさっぱりと除去。

fuga
fuga

もちろん、裏面も綺麗に仕上げます。
さすがに新車から3年ということで、裏面の汚れの固着はそこまでではありませんでした(^ ^)

fuga

「タイヤは、タイヤワックス塗るから適当で大丈夫」
なんて方も多いのですが、下地がキレイだとタイヤワックスもキレイに仕上がります(^ ^)
(写真は裏面ですが…笑)

fuga

仕上げには、KAMIKAZE COLLECTION STANCE RIM COAT。
(僕の車にも施工してますが、8ヶ月経った今でも汚れの固着がありません)

fuga
fuga

メッキホイールナットもくすんでいたので、ピカピカに!

fuga
fuga
fuga
fuga

普段は見る機会のない、インナーフェンダー、及び足回りも手の届く範囲で洗浄し、トリムコーティングを施工。
(インナーフェンダーは汚れるスピードが尋常ではないので、コーティングもあまり意味はありませんが、黒々させて納車したいのでコーティングしております)

※この手のシルバーのブレーキキャリパーの洗浄方法を研究中…
(赤などに塗装されているキャリパーの方が洗浄は簡単です!笑)

ボディ以外のクリーニング

fuga
fuga

エンジンルームの簡易洗浄(車種により、作業方法を変えてます)
ボンネットフードの裏面もキレイに。

fuga

メッキモールにも水垢がビッシリ!でしたので、メッキ専用の洗剤でクリーニング
(←after before→)

磨き屋さん、コーティング屋さん、などと言われることも多いですし、自己紹介が面倒な時はカーコーティングしてますと言うこともありますが、こういった細かい作業の積み重ねがディテイリングの本質であり、全体のキレイさを向上させると思っております。

ウインドウガラスのウロコ除去&コーティング

fuga

ウインドウガラスも水垢によるウロコがビッシリ…
(←before after→)
全体のウロコを除去した後でウインドウ専用のコーティングを施工します。

fuga
fuga

フロントガラスの下部は、ワイパーを脱着して作業します。
(写真を撮り忘れましたが、ガラス下のトリムも洗浄してコーティングしました)

ボディの洗浄・研磨・コーティング

やっと本題の?ボディの作業へと移ります。
水垢の除去からスタート。

fuga
fuga

水垢を除去する洗剤を塗布すると、水垢が白く浮き上がってきます。

fuga

アフター。
綺麗さっぱり!と言いたいところですが、やはりシミがボディに食い込んで酸化被膜状態に…
ここまでの状態になってしまうと、研磨で酸化被膜を削りとるしかありません。

fuga
fuga

エンブレム周りの水垢も除去。
洗剤がメッキにダメージを与えることがあるので、慎重かつ大胆に!

fuga
fuga

テールランプとボディの隙間にも、水垢と砂埃が固着していたので、丁寧に除去。
もちろんこういった細部の汚れは、磨いてキレイになるわけではありません。
汚れの種類に応じて洗浄剤を使い分け、化学的にクリーニングする必要があります。

fuga
fuga

フロントグリルの洗浄。
こちらも、普段はなかなか手入れしにくい箇所ですので、汚れがたまります。
丁寧に除去し、KAMIKAZE COLLECTION OVER COATで保護します。
(このような細かい箇所は硬化するガラスコーティングよりもOVER COATの方がキレイに仕上がると個人的に思ってます)

fuga
fuga

フロントバンパー下部のトリム部分にも砂埃と水垢が固着しております。
まずは砂埃をブラシで洗浄し、その後水垢を除去。
仕上げにトリムコートを施工します。

fuga
fuga
fuga

フォグランプの下に溜まっている水垢も丁寧に除去します。
メッキも洗浄、マスキングし、小さなポリッシャーで研磨します。
キズの除去というより、光沢の向上を目的とした研磨です。

fuga
fuga
fuga
fuga
fuga

爪が軽く引っかかる程度の傷を目立たなくします。
もちろん完全に除去することも可能ですが、塗膜には限りがありますので、最小限の研磨量で目立たなく処理します。
およそ10μmの研磨で、光の加減で傷があったことがわかる程度になりました。

fuga
fuga
fuga
fuga
fuga

ボンネットを半分研磨。
水垢の形に塗装が陥没してましたが、かなり目立たなくなりました。
光沢値は72から82にアップ!
研磨量は誤差程度で、膜厚計の数字的には研磨した方がアベレージ(同じ箇所を5回ほど計測した平均)が1μm増えてる…(つまりその程度の誤差ということです笑)

fuga

全体を研磨し、弱めの脱脂剤で脱脂した後、KAMIKAZE COLLECTION ISM COAT PROを施工。
(ちなみに、国産車の多くは脱脂過程で塗装を溶かしてしまうことがあるので、弱い脱脂剤が必要となります)

fuga
fuga
fuga
fuga

以上で完成です!

施工内容は…
・ボディコート(ISM COAT) Lサイズ
・ウインドウコート
・ホイールコート

この度は遠方から、ご用命いただきましてありがとうございました!

おわり!