【ポルシェ / 986ボクスター】ディテイリング施工しました

どうも!
フルトーンの青木葉です!
@fulltone_detail

今回は、東京都のH様よりお預かりしたポルシェ986ボクスターのディテイリングを施工しました!

フォーム洗車

まずは洗浄からスタートします。
たくさんの泡をかけて、砂埃や乾いた汚れをふやかし、高圧洗浄で洗い流します。


シャンプー洗車

一度泡を洗い流したら、ここから通常のシャンプー洗車で洗っていきます。
シャンプー用、すすぎ用の2つのバケツを用意して洗車していきます。
スポンジをすすぎながら洗車をすることで洗車傷を予防することができます。

鉄粉除去

ボディが濡れている状態で、トラップ粘土を使用して鉄粉を除去していきます。
いつのまにか突き刺さっていて、磨きやコーティング施工の際にも邪魔になり仕上がりに影響するので、事前に処理します。


水垢スケール除去

一見するときれいに見えるボディでも、実は水垢汚れが付着していることがほとんどです。
通常の洗車では水垢は除去できませんが、専用の洗剤を塗布することで水垢が白く浮かび上がります。

上から、洗剤塗布、半分除去、全体除去、という感じで白く浮かび上がらず除去できていることが確認できます。



開口部洗浄

ドアの内側やフードの内側など、普段の洗車で拭き上げを忘れてしまう箇所は、水垢スケールが固着して白くなっていることがほとんどです。

ボディ表面の水垢よりも頑固ですので、時間をかけて除去していきます。
仕上げにレジン系のコーティングを施工し、水垢の再付着を予防します。
(拭き上げを忘れてしまうと付着してしまいますが^^;)










細部洗浄

ボディ表面の水垢スケール除去では除去しきれない、細部に固着している水垢スケールも筆などを使用して優しく除去します。

こういった箇所が綺麗に仕上がるかどうかで全体の美しさが向上します^^




ホイール洗浄

欧州車はブレーキダストの汚れが多く、放置してそのまま乗り続けていると黒く固着してしまいます。

まずは普通に洗って…



研磨剤などを使用せず、洗剤でじっくりと時間をかけて固着したブレーキダストを除去していきます。


こちらはダスト汚れではなく、別の種類の汚れですが、クリーナーの種類を変えて汚れを除去


今回のボクスターもかなりダスト汚れが固着しており、久々に長時間をかけての洗浄となりましたが、ほとんど100%に近いくらい除去できました^^


研磨

今回はリフレッシュコースのゴールドプランということで、洗車傷など目に見える傷を7〜8割ほど消すイメージで2工程の研磨を行います。

とりあえず傷取りの1工程でこのような感じに

8割以上傷が消えちゃいましたが、この辺りの結果は塗装の硬さなどによって変わります。
例えば年式の新しいメルセデスやBMWなどは塗装がかなり硬いためもっと傷は残るイメージです。

この状態でも十分綺麗ですが、バフ目やチリ目と言われる磨き傷がうっすらと見えますのでもう1工程が必要となります。

少し目立つ傷がありましたので、ここはサービスということできっちり消させていただきました。



僕の好きなテールレンズの磨きもこのような感じで…


くすんでいたマフラーも…


コーティング

今回は、ザイモールコンコースにて仕上げのコーティングをさせていただきました。
一般的な硬化するタイプのコーティングにはないスッキリとみずみずしい艶感、水垢の固着が少ないため濃色車には特におすすめです。
(硬化タイプのガラスコーティングとは違いナチュラルに取れてしまいますが…)

完成

というわけでご依頼いただいた作業が完了しました。
年式相応の劣化状態でしたが、お客様のご予算の都合などしっかりと打ち合わせして施工させていただき、新車とまではいきませんがとっても綺麗に仕上がりました^^
ご一緒に来ていた奥様も感動していただき嬉しい限りです!






この度はご用命いただきまして誠にありがとうございました!

メールでお問い合わせ

施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。

LINEでお問い合わせ

LINEでお気軽にお問い合わせください! 施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。