【ルペス】カーボンブラシの交換方法!回転が遅くなったときには確認してみよう!

ポリッシャーのメンテナンスでも最重要なのが、カーボンブラシの交換です。
すり減ったままのカーボンブラシでは、回転数が遅くなったり、回転が不安定になったりします。
今回はルペスLHR12Eを例に、カーボンブラシの交換方法をまとめてみました。

ルペスのカーボンブラシはどこにある?


ルペスのカーボンブラシにアクセスするには、下部のスピードコントローラー付近の2本のビスを外します。


ビスを外したら、本体をひねるように下半分を引き抜きます。
すると、モーターやスピードコントローラーが見えますね。


ギボシ端子で繋がっているのがカーボンブラシです。

カーボンブラシ本体は、スプリングを上げながら、スルッと抜くことができます。

その後、ギボシ端子を引き抜きましょう。

新品との比較


上が新品、下が使い古しです。

約半分のサイズになっておりますが、ここまで使ってしまうとポリッシャーの回転はかなり弱くなってしまいます。

新しいカーボンブラシの取り付け

基本的には、外したように取り付けを行います。
スプリングを引き上げておき、カーボンブラシを入れます。
その後、ギボシ端子を取り付け、本体を閉め、ビスを2本取り付けて完了となります。

せっかくなので内部を清掃しましょう

ポリッシャーの内部は粉塵などがたくさん入り込みますので、バラしたついでに筆やブラシで清掃しましょう。

ついでに外側もキレイにして完了です。

交換頻度はどのくらい?


カーボンブラシに関しては、ポリッシャーの使用頻度によって異なりますが、月に1度くらいは点検しておいたほうがいいでしょう。

私のポリッシャーで言うと、やはりメインで使用しているLHR12Eの消耗が最も早いですね。

車をキレイにすることが仕事ですが、それに使用する機材もしっかりと管理することも大切な仕事です!