【JEEP / ラングラー】ディテイリング施工しました

どうも!
フルトーンの青木葉です!
@fulltone_detail

今回は茨城県のO様よりお預かりしたジープ ラングラーのディテイリングを施工させていただきました!

新車で納車されてすぐにお持ちいただきましたが、契約時にカスタムパーツを多数取り付けているとお伺いしておりました。

フォーム洗車

まずはフォーム洗車にて砂埃を洗い流していきます。
この時点ではスポンジ等での洗車は行わず、通常洗車の前段階のすすぎといった感じで泡を洗い流します。


通常洗車

一般的なシャンプーとスポンジでの洗車です。
一度フォームで洗い流しているため、スポンジで砂埃を引きずって洗車傷を増やしてしまうリスクが軽減されています。

DIYで洗車する場合、フォーム洗車はデメリットもありますのでケルヒャーなどの高圧洗浄機で砂埃を流してからスポンジ洗車をするのがオススメです。

鉄粉除去

一通りの洗車が終わったら、鉄粉の除去を行います。
鉄粉を取り除くトラップねんどを使用して除去しますが、洗車傷が入りますのでDIYでの施工はオススメしません。
(※あくまでもトラップねんどは磨き前提での施工です)


今回は鉄粉は付着しておりませんでした。
(※新車でも鉄粉が付着している場合はあります)

水垢除去

専用のクリーナーにてボディ全体の水垢を除去していきます。
洗車している感じでわかりますが、予想通り水垢の付着もありませんでした。

「新車なのに水垢なんて付いてるわけないじゃん」と思う方もいると思いますが、その車によって異なります。
新車でも水垢付着、酷い場合にはシミ、陥没まで見られる場合もあります。
販売店が悪いわけではなく、ある程度は仕方のないことだと私は思ってます。

細部洗浄

水垢こそあまり気にならない車両ですが、新車特有のグリス汚れや養生テープの跡は結構ありました。
開口部のヒンジや隙間など…




フロントガラスの下部には水垢による汚れもありましたので、スッキリと。


研磨

さて、いよいよ磨きです。
フロントフードはすでに磨かれている跡がありました。
結構繊細な塗装なので、スッキリと仕上げるのに苦労しました^^;


カスタマイズされたオーバーフェンダーにはクリアのムラがありました。
小さなポリッシャーでスッキリと…



反対側のフェンダーはしっかりと傷付いてました^^;
私はこんな仕事をしてますので「ひとつも傷を付けずに取り付ける」なんてとてつもなく大変なことだろうなぁと思ってます…
というわけで、スッキリと。


隙間付近にも擦った跡があります。
かなり狭い箇所なので、無理せず攻めて行きます。


リアのフェンダーも同様にスッキリと。


余談ですが猪狩りバンパーがあるのでフロントグリルの研磨は一苦労でした^^;

コーティング

一通りの磨きが完了したら、ボディコーティングを施工していきます。
今回のコーティングはお馴染みKAMIKAZE COLLECTION INFINITY WAX。
特に黒い車にはWAX系を施工するのが私の好みです。


ウインドウコーティングと、ホイールコーティングも施工しました。



完成

というわけで全ての作業が完了しました!
美しく仕上がったジープ ラングラーをご覧ください!















この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました!

メールでお問い合わせ

施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。

LINEでお問い合わせ

LINEでお気軽にお問い合わせください! 施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。