【フェラーリ / 365 GT4/BB】ディテイリング施工しました

どうも!
フルトーンの青木葉です!
@fulltone_detail

今回は、茨城県つくば市のE様よりお預かりしたフェラーリ365BBのディテイリングを施工させていただきました!

フェラーリ365BBの洗車

砂埃の付着もほとんどなく、クラシックカーということもあり、ボディに少しづつ水分をかけ、マイクロファイバーで優しく拭きあげるところからスタート。

泡フォームをかけたり、水をじゃぶじゃぶ使用する洗車は機関トラブルの元になりますので、注意が必要です。

フェラーリ365BBの鉄粉などの付着物除去

トラップ粘土をやさしく滑らせて付着物を除去していきます。
ガレージ保管で大切に扱われてきた365BBですので予想通り?鉄粉の付着はほとんどありませんでした。


フェラーリ365BBの水垢除去

専用のケミカルを使用してボディに付着している水垢を除去していきます。

こちらも予想通りロッソコルサの塗装面には水垢の付着は見られませんでした。
ガレージ保管って素晴らしい…

腰下の艶消し黒塗装の部分には相応の?水垢を確認。
乾いている状態ですと見えない水垢もケミカルに反応して浮かび上がってきます。


フェラーリ365BBのタイヤホイールの洗浄

タイヤも一見きれいに見えますが、古いタイヤワックスなどの汚れが蓄積されていたので除去します。
しっかり下地を作ってからタイヤワックスを塗ることでよりきれいに見えます。


ホイールは再塗装された形跡があり、塗装自体はきれいになっていましたが、細部に汚れがありましたので除去していきます。


ホイール内側は塗装吹きっぱなしのザラザラな質感になっており、汚れを完全には除去できていません。
(無理に汚れを除去しようとして塗装がパリっと剥がれてしまっては本末転倒ですので…^^;)


センターロックのスピンナー部分もメッキにくすみがあったのでキレイに仕上げます。




隙間から見えるハブの部分も油脂汚れがごってりありましたので、良い塩梅に汚れを除去します。
(稼働に必要なグリスなどの場合もあるので除去しすぎず、キレイに見えるように)


プレート?の部分には再塗装時のシルバーが付着していたので、少し強めの溶剤を使ってダメージを与えないように素早く除去しました。


フェラーリ365BBのウインドウガラスのクリーニング

普段雨に当たらない環境での保管ですので、ウインドウも元々キレイではありましたが、やはり細部に汚れが蓄積されているのでリフレッシュしていきます。


わずかですが水垢(ウロコ)の付着もありましたので、除去してスッキリ。


リアのガラスには塗装ミストが付着してました。
こちらもスッキリ除去。
(ピンボケで見えづらくてすいません^^;)


フェラーリ365BBの細部洗浄

ボディ研磨に入る前に、細部の水垢や油脂汚れを除去していきます。

フロントのモール周りの水垢汚れ


リアナンバー周りの排気汚れ


ワイパー付け根の水垢汚れ


テールランプの文字に詰まった汚れ




リアグリルのくすみ


エンブレム周り
基本的に部品の脱着は行わずに作業するのが私のやり方ですが、フェラーリのエンブレムはナット2本で脱着できるのでここは外してキレイに。


ドアの開口部




細部洗浄とはまた少し違うのですが、艶消し塗装部分に謎の跡?おそらくマスキングなどのノリのような跡があり、あの手この手で少し薄くできました。
(マスキングにしては形がいびつですが…)


フロントバンパーの下側


ヘッドライトまわりのメッキモール


ヘッドライト表面のくすみ


フェラーリ365BBの研磨作業

いよいよボディの研磨作業です。
一見するとキレイに見える車体ですが、洗車傷と、サンドペーパーによる傷が多数。
2工程の磨きで仕上げていきます

サンドペーパーを当てたまま磨かれていない箇所


これもペーパーかも?


洗車などで付いた傷もスッキリ


意外と傷が多く、また場所的にも磨くのにとても苦労したリアカウル
極力マスキングを使わずにキワまでしっかり研磨しました。




テールランプもしっかり磨いて新品の様な質感に…


サイドミラーは塗装ではなく素材そのものでしたので、どこまで磨けるのかの判断に悩みましたが、艶を出すほどにとどめました。
恐らく紫外線でまた白ボケしてくるとは思いますが、ガレージ保管&乗る頻度から考えても
(サンダーでやすりがけした跡があり、そのサンディング跡が深かったため今回はそこまでは磨きませんでした)


フェラーリ365BBのコーティング

さて、研磨も終わりましたので、諸々とコーティングを施工していきます!

まずはウインドウコーティング。
ムラが出ない様にしっかりと塗り込みます。


ホイールコーティングもムラが出ない様にしっかりと証明を当てながら施工していきます。
タイヤワックスはツヤツヤというよりはナチュラルな質感がの方が雰囲気に合うので水性のさっぱりしたタイプを使用。


ボディには、INFINITYWAXを。
ガラスコーティングとカルナバワックスのハイブリッドタイプで、仕上がりがスッキリするので一般的なカルナバワックスよりも好きです。


フェラーリ365BBのディテイリング完了

というわけで全工程が完了しました。
仕上がりの写真をどうぞ!
















この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました!

メールでお問い合わせ

施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。

LINEでお問い合わせ

LINEでお気軽にお問い合わせください! 施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。