【ポルシェ / パナメーラ】ディテイリング施工しました

どうも!
フルトーンの青木葉です!
@fulltone_detail

今回は、茨城県つくば市のK様よりお預かりしたポルシェパナメーラのディテイリングを施工致しました!

フォーム洗車

まず、たくさんの泡をかけて乾いた汚れを柔らかくしていきます。
この後高圧洗浄する際に汚れを落としやすくする狙いです。

汚れた車体にいきなりスポンジで洗車を始めてしまうと砂埃を引きずって洗車傷が入りやすくなってしまうためです。


シャンプー洗車

たっぷりの泡を高圧洗浄で洗い流したら通常のシャンプー洗車をしていきます。
この時点で落ちない汚れがあった場合には無視しましょう。
ゴシゴシ擦ってしまうと傷になりますので要注意です。

鉄粉、付着物除去

シャンプー洗車が終わったら鉄粉や付着している汚れを除去していきます。
除去には専用のトラップねんどを使用します。

結構鉄粉が付着しているのがわかりますね。

ピッチやタールといった汚れも除去できます。

水垢除去

パッと見て水垢なんて付いていないように見えますが、水垢用の洗浄剤でボディを撫でてみると…

白く浮かんでいるのが水垢です。
パネルの全体が水垢で覆われているような状態ですね。

白く浮かび上がらなくなるまで繰り返してボディをスッピン状態に仕上げます。

タイヤホイール洗浄

ボディ全体の洗浄が完了したらタイヤホイールの洗浄に取り掛かります。
汚れを洗い流した後で、ボディ同様に水垢も除去します。


エアバルブ付近の細かい箇所に溜まった汚れは筆などを使用して丁寧に取り除きます。



細部洗浄

ざっくり全体の洗浄が終わりましたので、じっくりと細部の洗浄をしていきます。
ひたすらに汚れ探し&除去を繰り返して全体の美しさを向上していきます。

後になって「あ、ここの汚れ除去できてないじゃん…」ということにならないように集中して作業していきます。

ここでも汚れに応じて洗浄剤を使い分けて優しく除去していきます。
奥まった場所でゴシゴシと傷を入れてしまうと、ポリッシャーで磨くことができませんので色々とバランスを考えながら作業していきます。


窓ガラスのウロコ除去

何度も雨が乾いてしまうと少しづつ水垢が蓄積していきます。
それはボディもガラスも同じです。
厳密に言うとボディよりもガラスの方が水垢が付着しやすいです。

「雨水は水垢の原因となる成分が入ってないので雨では水垢が付かない」というのを聞いたことがありますが、実際にはそうではありません。

ボディがヌルヌルテカテカになっても窓がシミだらけではカッコつきませんのでしっかりとウロコを除去します。

研磨

ボディを研磨していきます。
今回は1工程の艶出し研磨にて仕上げていきます。

若干の深い傷は残っていますが、1工程でもかなりスッキリ仕上がります。


ボディのザラついた表面も滑らかになりました。
蛍光灯LEDの映り込みを見るとわかるかと思います。
左がBefore 右がAfter

テールレンズに傷が多いととてもくすんで見えてしまいます。
すっきりと傷を消してりんご飴のような仕上がりに…

コーティング

研磨作業が終わったらコーティングを施工していきます。
今回はKAMIKAZE COLLECTION d’Elegance WAXにて仕上げました。
最近のお気に入りで施工性も良く、効果も高く感じます。

ウインドウコーティングも施工しましたが写真を撮り忘れておりました^^;

完成

全ての作業が完了致しました。
ポルシェパナメーラの完成写真をどうぞ!







この度はご用命いただきまして誠にありがとうございました!

メールでお問い合わせ

施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。

LINEでお問い合わせ

LINEでお気軽にお問い合わせください! 施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。