【フェラーリ / 360モデナ】ディテイリング施工しました

どうも!
フルトーンの青木葉です!
@fulltone_detail

今回は、東京都のY様よりお預かりしたフェラーリ360モデナのディテイリングを施工致しました!

フォーム洗車

まずはたっぷりの泡をボディにかけて汚れを柔らかくします。
ここでスポンジで洗車を始めてしまうと、砂埃を引きずって洗車傷になる可能性があるので、この泡は少し時間をおいたら流してしまいます。

スポンジの洗車で洗い残しそうな隙間はあらかじめ柔らかいブラシで撫でておきます。

シャンプー洗車

泡をすすいだら、通常のシャンプー洗車をします。
バケツを2つ用意してシャンプー用とすすぎ用と分けておくことで洗車傷を予防します。


鉄粉除去

一通りの洗車が終わったら、ボディに刺さった鉄粉を取り除いていきます。
鉄粉除去専用のねんどを使用してボディを濡らしながら除去します。

DIYの場合、ねんどは洗車傷をたくさん入れてしまいますので、磨くことを前提として使用してください。


水垢除去

ボディに付着している水垢を専用の除去剤にて取り除きます。
今回の360はウイングが付いていて、そのウイング下は特に水垢が付着していました。
なかなか洗車後の拭き上げも難しい場所ですので、しっかりと仕上げておきます。


開口部、細部洗浄

ドアのヒンジ部分や、パネルとパネルの隙間など、細かなところは汚れが蓄積しやすく通常の洗車ではキレイに仕上がりません。
汚れの種類に応じて洗浄剤を使い分けながらキレイにしていきます。

ドアヒンジ

エアロのPPF(フィルム)





パネルの隙間(わかりにくいですが…^^;)

ピニンファリーナのエンブレム

フェラーリエンブレムは汚れがシミになっていて洗浄ではここまでが限界でした…

エンジンルーム



ホイール洗浄

輸入車のホイールはダストが多く、そのまま固着してしまうことがあります。
根気よく洗浄していれば落ちる汚れですが、洗浄剤を長時間使用し続けることでホイールにダメージを与えてしまうリスクもあります。

特にこのような隙間ですね。
柔らかい筆を使用し、ホイールの状況を見極めつつ仕上げていきます。



ホイールボルトの穴も汚れが溜まっていますのでキレイに。


センターキャップも劣化していたので磨いて艶を出しました。
(照明の写り込みが良く見えるようになりました)


ウインドウクリーニング

窓ガラスのウロコを除去していきます。
こういった細かな箇所のウロコは手作業でコツコツと除去していきます。
薬剤で仕上げるお店もあるようですが、ガラスへのダメージを与えるリスクがありますので私は研磨剤で優しく除去しています。


ついでにミラーもキレイに。
※ミラーには種類があり、それに応じたクリーニング方法があります。
ご自身でキレイにする場合にはリスクがあるので要注意です。


研磨

ボディを磨いていきます。
2工程で洗車傷の7〜8割を除去していきます。
浅い傷は除去、深い傷は目立たなくさせることで全体の美観が向上します。









なんかくすみが気になると仰っていたヘッドライトは少しは改善しましたが、リペア歴がありこれ以上にするには再リペアの必要がありました。

機械と研磨剤を変えて、マフラーも。

コーティング

ボディのコーティングには、KAMIKAZE COLLECTION INFINITY WAXを施工。
個人的な意見ですが、スーパーカーなど常にピカピカを維持したい車両にはWAXが最強だと思っております。
一般的なガラスコーティングは確かに魅力的ですが、メリットデメリットもございます。

ウインドウにはKAMIKAZE COLLECTION INTENSO WINDOW COATを施工。

ホイールにはKAMIKAZE COLLECTION STANCE RIM COATを施工。

完成

約1週間近い施工が完了しました。
それでは仕上がりをご覧ください!






この度はご用命いただきまして誠にありがとうございました!

メールでお問い合わせ

施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。

LINEでお問い合わせ

LINEでお気軽にお問い合わせください! 施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。