【マツダ / デミオ】ディテイリング施工致しました

どうも!
Fulltoneの青木葉です!
今回は土浦市のW様よりお預かりしたマツダデミオのディテイリングを施工致しました!

「低予算で窓のウロコ除去と艶出しをしたい」というご依頼でしたので、予算と施工内容の打ち合わせをしてお見積もりさせて頂きました。

ボディ洗浄

普段通りにフォーム洗車からスタートです。
ボディに付着した埃や砂などでボディに傷をつけにくくすることができますが、シャンプーが乾くとシミの原因になるので、お客様自身で洗車する場合にはオススメしません。

フォーム洗車後に通常のシャンプー洗車を行い、次は鉄粉などの付着物の除去をします。
鉄粉の除去にはトラップ粘土を使用するのが定番ですが、僕はパッドタイプの物を使用しています。
(通常のトラップ粘土を使用することもあります)

ボディ表面の鉄粉などの付着物の除去が終わったら、ボディ表面を覆っている水垢(シリカスケール)を専用の洗浄剤で除去します。
洗浄剤が水垢と反応して白く浮かび上がっているのがわかると思います。

右側だけ除去したのが下の写真です。
未施工の左側は撥水が一切なく、水垢除去をした右側は撥水しているのがわかると思います。
塗装は水を弾くのが普通な状態で、水垢が全体を覆うため撥水しなくなるのです。

ホイール洗浄

ホイールも同様に洗浄していきます。
鉄粉はもちろんですが、形状が複雑なため水垢もたまりやすくなってます。


ウインドウガラスのウロコ除去

市販品でもウインドウガラスのウロコ除去用の製品が売られていますが、正直DIYでじっくり磨くのは相当しんどいです…
僕はプロ用の製品と機械を使用してウロコを除去します。


フロントガラスの下部にはしつこい黒ずみが溜まってます。
これはプロ用の製品でもなかなか除去することができません。
じっくりと時間をかけてここまで除去しました。


また、機械で施工できない細かな場所は手磨きで地道にキレイにしていきます。

ナンバープレートの洗浄

実は意外と汚れているのがナンバープレート。
洗浄している最中で「あ、写真撮ろう」と思ったので結構キレイにしてしまった後ですが…笑


研磨

ディテイリングの醍醐味でもある研磨作業ですが、今回は艶出し程度の軽研磨で進めていきます。

…と思ったのですが、今回のデミオは軽研磨でもかなり線傷を消すことが出来てしまいました笑
今回の塗装は表面のゆず肌がかなり凹凸があり、そもそも傷が目立たないような塗装でした。
(その分、映り込みや光沢感は少ない)

通常の研磨をすれば凹凸がなめらかになり光沢値が結構あがりそうです。

目立っていた傷もかなり目立たなくなり…


ボディとテールランプの浅いスクラッチ(洗車傷)もスッキリ


仕上げ

仕上げにはザイモールのコンコースグレイズを施工。
ブラジル産カルナバを47%含有しており、WAXならではの艶を抜群に堪能することができます。
個人的にはWAX大好きですので、延々と塗り塗りしていたいくらいです笑

赤い塗装は紫外線に弱いと言われていますが、カルナバ蝋は紫外線を通しにくい性質を持ち合わせていると言われており効果が期待できます。

ウインドウガラスにもコーティングを施工して…

完成

予算以上の仕上がりになりましたが、他の車両でも同じような仕上がりになるとは限りません…
今回は作業時間2日〜3日程度ですので、通常のディテイリングの半分くらいの時間で作業を終えました。








この度はご用命いただきありがとうございました!

※お車の状況によっては、低予算の施工は出来ないこともありますのでご了承ください。

メールでお問い合わせ

施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。

LINEでお問い合わせ

LINEでお気軽にお問い合わせください! 施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。