【ポルシェ / 987 ケイマンS】ディテイリング施工しました

どうも!
Fulltoneの青木葉です!

今回は、東京都文京区のK様よりお預かりした987(ケイマンSポルシェレーシンググリーン)のディテイリングを施工させていただきました!

洗浄

まずはたっぷりの泡で洗車していきます。
汚れが落ちそうに見えますが、ボディ表面に乗っている砂埃を浮かせて、スポンジで洗った時になるべく傷を増やさないようにするためです。

この泡を洗い流してから、通常のシャンプー洗車を行います。

通常の洗車を終えたら、細部の水垢や油脂汚れなどを洗浄していきます。
普段は目にしないリアウイングの隙間などにも汚れは溜まってます。


ドアの内側など普段の洗車では手が届かずに洗ったり拭き上げたりしない場所も…


ちょこっと内装

普段は内装に関してはレザーシートコーティングの時のみですが、ハンドルの汚れとドア開口部のパネルの傷が気になるということでしたので、簡単でよければということでお受けしました。

ベージュのハンドルはたしかにくすんだ感じが気になります。
素材を傷めないように丁寧にクリーニングします。
(ちなみに僕は内装のクリーニングを行ってたことがありますので一応経験者です笑)


ステップの部分は靴でこすれて樹脂の表面が痛んでました。
表面の痛んだ部分だけクリーニングすれば目立たなくなります。


ホイール、足回り洗浄

オプションのホイールコーティングを施工していきます。
まずはホイールを外し、汚れ具合を確認します。

表面はキレイな雰囲気ですが、裏面はブレーキダストで真っ黒です。
(裏面はどの車も真っ黒になるので普通ですね笑)



裏面から洗浄していきます。
鉄粉除去用の洗剤は、鉄粉に反応して赤紫色に反応して徐々に溶かしていきます。

鉄粉は除去できてもピッチタールなどの汚れは残ります。
水垢と合わさってかなり頑固な汚れになっているので、コツコツと時間をかけてキレイにしていきます。
(ちなみに汚れの具合によりますが、ホイール1本で2時間ほどかかります…)


裏面がキレイになったら表面を同様にキレイにしていきます。
表面は傷を増やさないように、より慎重に汚れを落としていきます。

両面がキレイに仕上がったら乾燥させ、脱脂をしてからKAMIKAZE COLLECTION STANCE RIM COATを施工します。


足回りはホイールを外したときくらいしか洗浄するタイミングがないので、ホイールコーティングを依頼された場合には必ず洗浄しております。

砂や油脂汚れがびっしりとついてますね。
あの手この手でインナーフェンダー、キャリパー、サスペンションなどをキレイにし、Fulltoneオリジナルのコーティングを施工します。
(あの手この手というのは、現状最速でキレイに仕上げる方法を模索中だからです笑)


研磨

研磨作業は塗装の状況により2〜3工程で仕上げます。
ただ傷がなくなるだけではなく、荒れた表面の凹凸を取り除くことで本来の色のトーンが表現できます。
ゆず肌はそのままに、美しく仕上げます。
(ご依頼内容によってはゆず肌の凹凸も除去しますが、おすすめはしません)


集中しすぎてこの写真しかBefore Afterを撮ってませんでした…^^;

テールランプとバンパーの隙間の細い箇所など、研磨する箇所によって様々なポリッシャーで作業します。

研磨を終え、脱脂したあとには、KAMIKAZE COLLECTION ISM COAT PROを施工しました。

完成

およそ1週間に渡るディテイリング作業が完了しました。





この度はご用命いただきまして誠にありがとうございました!

【施工内容】
・KAMIKAZE COLLECTION ISM COAT PRO (Sサイズ)
・KAMIKAZE COLLECTION STANCERIM COAT

メールでお問い合わせ

施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。

LINEでお問い合わせ

LINEでお気軽にお問い合わせください! 施工に関するお問い合わせは下記にてお願い致します。 車種、年式、ボディカラーなどを添えてお問い合わせいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。